トリキュラーの画像

トリキュラーは、避妊効果を維持するためには飲み忘れをしないで継続して服用していくことが重要になります。飲み忘れた場合は?こういう時はどうするの?などの疑問にお答えできるように情報を提供していきたいと考えています。

トリキュラーの構造と口コミについて

トリキュラーは日本で最も売れている低用量ピルのひとつです。避妊効果が高いだけでなく、ホルモンのバランスを整えて生理周期を一定に保てるというメリットがあります。またニキビや肌荒れを防いだり、更年期障害を緩和するなどの効果も期待できます。
トリキュラーは三相性のピルです。一般に経口避妊薬は21錠が1シートになっており、一相性のピルでは全ての錠剤に同じ分量の女性ホルモンが含まれています。これに対して三相性のピルでは、それぞれの錠剤に含まれる女性ホルモンの量が、少しずつ変化していく構造になっています。こうした工夫により、三相性のピルは有効性を保ったままで、女性ホルモンの量を可能な限り減らし、副作用を防ぐことができます。そのかわり錠剤には飲む順番があり、間違えると効果がなくなるというリスクがあります。一相性のピルは順番に関係なく効果を発揮しますが、かわりに含まれる女性ホルモンは多めになります。なおトリキュラーには28錠が1シートになったタイプもあります。このうち7錠は飲み忘れを防ぐために追加された、何も含まれていない偽薬です。
病院でトリキュラーの処方を受けると、細かい相談ができるので安心ですが、診察や検査に時間がかかり、費用も高めになります。そのため最初は病院を利用し、慣れてくると通販で購入する人が少なくありません。口コミでもトリキュラーの通販はおおむね好評で、安価で常備できるところに評価が集まっています。最初の1シートは避妊効果が安定せず、副作用も出やすくなると言われているので、様子を見ながら利用するのがお勧めです。長期間にわたって飲み続けるときは、低価格という通販のメリットが活かせるでしょう。