トリキュラーの画像

トリキュラーは、避妊効果を維持するためには飲み忘れをしないで継続して服用していくことが重要になります。飲み忘れた場合は?こういう時はどうするの?などの疑問にお答えできるように情報を提供していきたいと考えています。

トリキュラーと他のピルとの併用は可能か

トリキュラーは低用量ピルの1つです。ピルは正しく服用する事で、排卵をストップできます。排卵しなければ妊娠する事も無いので、ピルで避妊の効果を得られるのです。また、子宮内膜症や生理痛の緩和といった治療、生理の日にちを変更するコントロールや、大人ニキビの改善にもピルは処方されています。このようにピルは女性のライフスタイルを、サポートしてくれる薬なのです。中でもトリキュラーは副作用が起こり難く、日本で人気となっています。三相性といって飲む時期に合わせ、最適なホルモンバランスとなるよう工夫されています。急激に体内の女性ホルモン量が変化しないので、副作用が起こり難いのです。トリキュラーには21日間、ホルモン剤が含まれている本薬を服用した後、ホルモン剤を含んでいない偽薬を7日間飲みタイプと、本薬を21日間飲み続け、その後の7日間や休薬する2つのタイプがあります。ついつい、飲み忘れてしまうという方の場合は、偽薬を含め28日間服用を続けるタイプがおすすめです。毎日、同じ時間帯に服用する事で、体内の女性ホルモンバランスを変え、排卵を起こさない効果を発揮します。避妊目的で服用する場合は、飲み忘れないように注意しましょう。ただ、トリキュラーを服用している時に、他のピルを併用する事はできるのでしょうか?ピルは女性ホルモンのバランスを、妊娠中と同じにする事で避妊の効果を発揮します。同じホルモン剤が含まれている2種類のピルを、同時に服用するとホルモンに大きな影響を与えてしまうでしょう。ホルモンバランスが急激に変化する事によって、副作用を起こすリスクも高まるので、トリキュラーと他のピルを同時に服用する事はおすすめできません。