トリキュラーの取り扱い

トリキュラーの画像

トリキュラーは、避妊効果を維持するためには飲み忘れをしないで継続して服用していくことが重要になります。飲み忘れた場合は?こういう時はどうするの?などの疑問にお答えできるように情報を提供していきたいと考えています。

トリキュラーを飲むタイミング

トリキュラーは低用量ピルですので、飲み続けてこそ効果を得ることができます。服用しなかった場合は避妊効果がなくなってしまうので、くれぐれも飲み忘れには注意が必要です。トリキュラーは生理が始まったその日に服用を始めるタイプと、生理が始まった週の日曜日に服用を始めるタイプとがあります。生理が始まった日に飲むタイプのものは、服用を始めたその日から避妊効果がありますが、日曜日に飲み始めるタイプの場合は服用後2週間が経過しなければ避妊効果を得ることができません。ただこのタイプは月曜日から日曜日までが薬のシートに記入されているので、飲み忘れているかどうかを見た目で簡単に判断できるような仕組みになっています。ですから薬の管理を容易にしたいのであれば、日曜日から飲み始めるタイプのほうがいいでしょう。またトリキュラーの飲み忘れを防ぐためには、服用のタイミングを生活習慣の一部にしてしまうことが重要です。朝起きた時に飲むとか、就寝前に飲むなど、それぞれの生活習慣やライフスタイルに応じて服用するタイミングを決めておくと、飲み忘れを防ぎやすくなります。もし飲み忘れてしまった場合は、以前に服用してから24時間以内であれば、すぐにトリキュラーを服用すれば問題ありません。24時間を経過してしまっているのであれば、残念ながら最初からやり直しです。次の生理を待って新たにトリキュラーを服用し始めなければいけません。飲み忘れたことに気がつかずに性交渉をしてしまった場合は、避妊に失敗している可能性が高いのでアフターピルを服用したほうがいいでしょう。ただしアフターピルも早めに服用しなければ効果がなくなります。24時間以内に服用することが重要です。

▼トリキュラーの詳しい概要は下記サイトをご覧ください
ピル 通販
▼トリキュラーにも含まれているエチニルエストラジオール配合のお薬一覧はここから
エチニルエストラジオールを知る